ホーム レポート集 2017年の自動車業界の動向予測

2017年の自動車業界の動向予測

今回のレポートでは、更なる変化が見られることが予想される「自動車業界の動向」についてご紹介していきます。

近い将来、次世代自動車の普及や人口推移の変化(高齢化社会)に伴い、より市場の変化が見られることが予想されます。

そんな中、効果的な集客に取り組むには、時代に合った集客方法をどんどん取り入れていく必要があります。

社会の動向、自動車業界の動向がどのような状況なのか?をしっかり見極めることで、自社の取り組みの見直しにも繋げていただければと思います。

次世代自動車の普及と高齢化社会がもたらす影響

高齢化の深刻化については、皆さんも色んなところで目にしたり耳にしたりすると思います。

ある試算では2040年になると、高齢化が深刻な都道府県で、人口比率の40%以上が高齢者になる計算だそうです。

地方と都心部で見た場合、都心部に比べて地方の方が高齢者比率が圧倒的に多くなる傾向にあり、
人と車との付き合い方も大きく変化することが予想されます。

若者の車離れと高齢化による移動手段の変化なども、自動車保有台数の減少に影響する可能性が考えられます。

高齢化による自動車保有台数の減少

高齢化に伴い、車を運転するユーザーが減少することが予想されます。
車を運転する人口の減少により、自動車保有台数の減少や、高齢者の移動方法の変化が起きると考えられます。

例えば、将来的には自動運転による送迎サービス(ロボットタクシー)なども考えられますが、近い将来では「タクシーの相乗りサービス」などの普及も考えらえます。

このように、変わりゆく社会情勢の中で集客していくには、既存の集客方法だけでは現状維持さえも難しくなるのではないでしょうか?

トヨタの販売台数はハイブリッド車が50%!?

ハイブリッド車の人気車種が多いトヨタ自動車では、総販売台数の50%がハイブリッド車となっているようです。

ハイブリッド車の普及は、今後の整備車輌の入庫車種にも影響してくることが予想されるので、
ホームぺージ集客に取り組む際にも、ハイブリッド車の整備実績などのアピールは有効になってくると思います。

また、ハイブリッド車の全体の普及率は、約10%となる見込みです。

他にも、電気自動車や水素自動車など、新たなエネルギーを利用した車へのシフトチェンジも進んでいくことが考えられます。

次世代自動車に関する、整備技術の習得や必要設備の導入などは、今後の集客においてとても重要な条件になるはずです。

ITの効果的な活用は集客において必須となる

社会や業界の情勢変化に伴い、集客方法も変化させていく必要があることをご紹介してきました。

さらに、どんどん社会全体でもIT化が進んでいくと思われます。

車屋さんの集客方法を考える上でも、ITを活用した新しい販促手段への挑戦がより必要になるはずです。

ホームページはもちろん、WEBチラシやメールの活用、WEB広告などあらゆる手段が

この記事を書いたのはマーケティングチーム

お問合せ

コンサルタントが皆さまのご質問にお答えいたします。
0120-039-472
(平日9:00~18:00)

関連記事

クルマ屋さん専用の自動ショートメール送信サービス

抱きしめ~るの無料お試し

お気軽にご質問・ご相談ください

0120-039-472

(平日9:00~18:00)