ホーム レポート集 2018年までの車検到来件数の予測

2018年までの車検到来件数の予測

今回のレポートでは、2018年度までの車検到来件数の予測についてご紹介していきます。

車検の集客に取り組む上で、今後の車検台数の予測を知るというのは非常に重要です。

集客目標の設定などを計画的に行うことで、自社の課題も明確化されるので、より効率的な集客施策に取り組めるのではないでしょうか。

ホームページや紙媒体、メールやSNSなど、様々なメディアを活用した集客に取り組む上で、自社の強みと弱みに合ったメディアの活用が効率的な集客への近道だと思います。

2018年までの車検到来件数の予測グラフ

2016年1月~2018年9月までの車検到来件数の予想をグラフにまとめました。

2018年9月までの間で、最も車検到来件数が多くなると予想されているのは、2017年4月の2,885,059台です。

2018年車検台数の予測グラフ

予測の中では、2016年度よりは車検到来台数は増加傾向にあります。

車検のCPAは1.5万~2万円とも言われている!?

車検の到来台数の予測についてご紹介してきましたが、新規の車検ユーザーの獲得コストは年々増加しています。

特にホームページを活用した集客に関しては、車検の専門サイト化やリスティング広告を利用したランディングページの運用など、かなり競合性が高くなっています。

そんな中で、安定的な車検の入庫を確保をするには、管理顧客数を増やして、リピート率を高めていくことが必要となります。

まとめ

今回のレポートでは、2018年の車検到来台数の予測をご紹介した上で、車検は競合性が高く、今後はより管理顧客数を増やしていく必要がある。という内容をご紹介してきました。

次に必要なのは、実際に未来の集客に向けて、今からどういった取り組みを行うべきか?を考え、実践することだと思います。

準備の質が結果に直結すると思いますので、今から未来の集客に向けた準備をする必要があります。

次回のブログでは、実際に「顧客の囲い込み」に向けた施策のご紹介などが出来ればと思います。

この記事を書いたのはマーケティングチーム

お問合せ

コンサルタントが皆さまのご質問にお答えいたします。
0120-039-472
(平日9:00~18:00)

関連記事

クルマ屋さん専用の自動ショートメール送信サービス

抱きしめ~るの無料お試し

お気軽にご質問・ご相談ください

0120-039-472

(平日9:00~18:00)