ホーム レポート集 車検の入庫台数を増やす方法(1)

車検の入庫台数を増やす方法(1)

車検の入庫率アップは売上を安定化させるための重要指標の1つです。

車検は、新規獲得コストが年々高まり、競合性の高いサービスの1つに挙げられます。
そんな車検を効果的に集客するには、どのような施策に取り組めば良いのでしょうか?

今回のレポートは、車検の入庫率アップに関する施策のご紹介を
レポートにおまとめしたいと思います。


車検の集客はより専門特化が求められる傾向に

2016年新車販売台数の動向

ホームページを使った車検集客も、以前に比べると難易度が上がっている状況で、
集客に成功している整備工場さんと、そうでない整備工場さんとの「二極化」が進んでいます。

そんな中、傾向として顕著に表れているのが「専門特化」です。

例えば、車検をWEBから予約するお客様は「価格」「早さ」「実績」などを比較しながら、依頼する整備工場を選定していくと思います。

特に車検の場合は、値段や早さの比較をしやすいサービスなので、新規顧客はより安くて早い整備工場に依頼したくなるはずです。

そうなると、車検を専門に行う車検専門店さんの方が有利になり、一般の整備工場さんが新規顧客を獲得するのがより難しくなります。



重要なのは来店頻度を高めること

車検の集客を考える上で、既存顧客の囲い込みはとても重要な施策の1つとして挙げられます。
※メールを活用した顧客の囲い込みについては、以前のレポートでご紹介したので一度ご覧になってください。

車検に限らず、車販や一般整備、パーツ取付や鈑金塗装などで集客したお客様を、
"どれだけ囲い込めるか?"が、車検を含む全ての売上の安定化に大きな影響を及ぼします。

そこでポイントとなるのが「来店頻度」です。来店頻度を高めるには、お客様との接触回数を増やし、よりお客様の「相談しやすい」や「信頼できる」を獲得することが重要となります。



コンタクトセンターの活用で関係性を強化

来店頻度を高めるには、接触頻度を増やすことが重要であると前項でご紹介しましたが、
実際にどのようにして接触頻度を増やしていけば良いのでしょうか?

接触頻度を増やすのに効果的な方法の1つに「コンタクトセンター」が挙げられます。

昔でいうところの「コールセンター」をイメージしていただければわかりやすいと思いますが、
実際には、電話をかけたり受けたりするだけではなく、「メールでお知らせ」をしたり、「アンケート調査」を行うなど、業務が多岐にわたるのがコンタクトセンターです。

コンタクトセンターを設ける目的としては、接触頻度を増やすことによる来店頻度の向上にあります。

具体的な例としては
「車検6か月前のお知らせ」をしたり、「車販後のアフターフォロー」を実施するなどが挙げられます。



まとめ

今回のレポートでは、車検の入庫率アップするには来店頻度を高めることが重要であるとご紹介してきました。

例としてコンタクトセンターを挙げましたが、実際にコンタクトセンターを部署として設置されている車屋さんも増えているようです。

今後の課題でもある、顧客の囲い込みについての施策はよりニーズが高まることが予想されます。

次回のレポートでも、車検の入庫台数を増やす方法についてご紹介していきたいと思いますので、是非ご覧ください。

この記事を書いたのはマーケティングチーム

お問合せ

コンサルタントが皆さまのご質問にお答えいたします。
0120-039-472
(平日9:00~18:00)

関連記事

クルマ屋さん専用の自動ショートメール送信サービス

抱きしめ~るの無料お試し

お気軽にご質問・ご相談ください

0120-039-472

(平日9:00~18:00)